Vol.9 花に魅せられて

野菜にもかわいい花が咲きますが、谷保では色鮮やかで元気な「朝顔」、豪華で魅力的な「洋ラン」を栽培する農家さんがいます。愛情と工夫がいっぱいのハウスに潜入! 朝顔農家さんと洋ラン農家さんにお話をうかがってきました!
さわやかな空色の花、西洋朝顔ヘブンリーブルー。6月下旬のハウスの中で一足先に「こんにちは」 1つの花茎に3~5花つけ葉は丸みをおびています。

朝顔市にむけて

「今年もたくさんの人に来てほしいな。朝顔だけでなく地元野菜の販売もあるからね。」 笑顔で話す佐伯雅宏(まさひろ)さん(写真左下)は、大学生、高校生のお子さんを持つお父さん。実家の盆栽屋を継ぎ朝顔の栽培をはじめて13年。市内の花卉(かき)栽培を代表する農家のひとりです。農協青壮年部の部長、市の児童委員もつとめています。南部の府中用水をたどると見えてくる「朝顔の里」で、「くにたち朝顔市」にむけ4月の種まきから毎日朝顔のお世話をしています。「ハウスの中が暑くて苦労するし朝顔が病気にならないか心配だけど、出荷前は花が全開に咲き見事だよ。」露地ものだと7月には咲かないといわれる朝顔を、朝顔市の7月6日(土)、7日(日)にぴったり合わせて咲かせます。

やさしい表情で撮影に応じてくださる佐伯雅宏さん。みなさんに慕われているのがよくわかります。うしろには4,000鉢の朝顔。窓をあけたハウスでも、この日の温度は38度。「水を均等にあげるのがむずかしいんです」と、おっしゃっていました。
朝顔の里 外観写真①
朝顔の里 外観写真② 朝顔の里に取材に行った日。空は青く澄んでいました。すぐ脇には用水が流れてなんとも涼しげな気分に。

長く咲かせるコツは?

佐伯雅宏さんが育てている朝顔は、「日本朝顔」の富士シリーズ、暁シリーズ、「西洋朝顔」のヘブンリーブルー、フライングソーサー、ミルキーウェイ。日本朝顔は1鉢に4株、西洋朝顔は3株入れています。富士シリーズには、紅、桃、紫、そしてお楽しみで峰か空のどちらかを。「1日に20㎝伸びることもあるよ。鉢から出して地植えにしてもいいし、フェンスの側に置けば自分で巻きついて大きくなります。」と佐伯さん。葉の形や色もさまざまでカラフルな花が顔をのぞかせる朝顔は、表情豊かで愛嬌いっぱい! 上手に長く咲かせるコツは「土が乾いたら朝にたっぷりと水をあげましょう。天気のいい日は2回だけど、あげ過ぎはよくないんです。1日に1回葉がしおれるくらいが丁度いいですよ。」と教えてくださいました。

広いハウスの中には、びっしりと朝顔が並んでいました。
忙しい時期はパートさんの手も借りながらの作業に。写真は、あんどんにつるを巻きつける様子。朝顔は時計回りが好きなんですって。

祝福の白い花 

いろんな話を聞かせてくださる関さん。機械に詳しく、昔の秋葉原や神田のこともよくご存じ。取材班は自家製トマトまでごちそうになり大喜び!
関洋ラン園の鉄骨ハウス。以前ここは梨園だったそう。
ハウスの中。胡蝶蘭を成長した順に並べています。

梨園の3代目がハウスに建て替え、お子さんの成長にあわせてはじめた花栽培。「シンビジウム、カトレアもやったけど、今は、長くもつ胡蝶蘭。」「うちはハウスにエアコン付けたの早かったんだよ。」と、関正武(まさたけ)さん。研究と試行錯誤を繰り返し洋ランを育てています! 「昔は苦労したけど、いろんな発想でやってきました。鉢に氷水をかけたこともあったよ。」 温度を2つにわけた、高温室(ストック部屋といい25°C以上にしたハウス)と、開花室(最低温度を15°Cにしたハウス)をつくり、1年中サーモグラフィで管理。どの季節にもランが咲くよう、1日、10日、20日のサイクルで鉢をストック部屋から開花室に移します。花びらにしみができないよう除湿機をかける工夫をしたりと365日洋ランのことを考え、40年の月日をかけて今の状態を作り上げました。 胡蝶蘭は主に贈答用なので自分ではなかなか育てる機会がないけれど、真っ白な花に癒され優雅な時を過ごしてみたいもの。最初に咲いた花は満開になるまでずっと咲き続けるので、長い間楽しむことができます。 ▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽ 【育て方のコツ】 室内の窓際に置いて、常温の水を週に1回ほど。ミズゴケに植わっているのでたっぷり水をあげたあとは少し根を乾かすくらいに。花がしおれたら花芽を切って来期に備えます。ぜひトライしてみましょう! ▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△ (文:Aki/写真:ながむらゆうこ)

2013年7月6日(土)、7日(日)大学通りにて 「くにたち朝顔市」が開催されます。佐伯雅宏さんの朝顔がいよいよ販売! 詳しくは http://kunitachi-agri.jp/e/?2021 「第25回くにたち朝顔市実行委員会(国立市商工会内)」

関さんの洋ランお問い合わせは、関洋ラン園まで 関洋ラン園:042(576)5559 その他、トマトやサニーレタス、ミョウガなど旬の野菜を、くにたち野菜しゅんかしゅんかで販売中。(不定期)