2 月
24
2015

佐伯義雄さん・内田農業振興会の紫綬功労賞受賞

このたび、富士見台にお住まいの佐伯義雄さん(昭和7年生)が、

優れた功績のある農業者に与えられる一般財団法人「内田農業振興会」の

紫綬功労賞を受賞されました。

2月21日(土)パレスホテル立川で、開かれた祝賀会には、農業委員会、谷保農家のみなさんをはじめ、小学校以来の同級生10数人も駆けつけて、佐伯義雄ご夫妻にお祝いの言葉をおくりました。

 

佐伯義雄さんは温厚な人柄で知られ、平成6年、近隣の5つの農協が合併して東京みどり農協が誕生する際には、国立市農業協同組合の理事として、地域の意見のとりまとめに尽力されたそうです。
また府中用水土地改良区の地区役員を21年、くにたちの水田の保全管理にも熱心に取り組み、農業経営では、多様で多品目の野菜の生産に変更して矢川駅前に直売所を開設。
その直売所は今、息子の佐伯和弘さん一家に引き継がれています。孫の佐伯直彦さんも含めて3世代6人が農業に従事するという頼もしい佐伯家。

くにたちの農業のお手本として、これからも後輩をご指導ください。
紫綬功労賞の受賞、心よりおめでとうございます。

コメントは受け付けていません。