朝顔市の朝顔を栽培しています!

佐伯雅宏さえきまさひろ
佐伯雅宏

国立を彩るパンジー・ビオラの苗も育てています

スポーツ好きの佐伯雅宏さん。中学の時はハンドボールに夢中になり、今はゴルフとバイクを楽しむ。息子さんはアメリカンフットボールの日本代表で、「海外への遠征費用が大変」と、相好を崩しながら話をされる、魅力的な農家さん。

7月第1土曜日・日曜日に開かれる国立の朝顔市の朝顔は、3月の種まきから出荷まで、雅宏さんの畑の「朝顔の里」で育てられ、育成を統括しているひと。朝顔市が過ぎると、翌年の春に街を彩るパンジーやビオラの苗作りをしています。

作るのは花だけでなく、長ネギ、里芋、白菜、ピーマン、トマト、なす等々、多種類の野菜を作って、東京みどり農協富士見台支店駐車場(月・金曜)、北市民プラザ駐車場(水曜)で販売中。

花で市民を和ませ、新鮮な野菜で市民に元気をもたらしている佐伯雅宏さんは、花に魅せられたひとり。

(文:古川 浩一/写真:ながむらゆうこ)

朝顔市へ向けて、準備に励むスタッフのみなさま
朝顔市の早朝、準備中のひとコマ
[名前] 佐伯雅宏(さえきまさひろ)
[地区] 四軒在家
[主な野菜] パンジー,ビオラ,朝顔,長ネギ,その他
[販売場所] JA東京みどり農協富士見台支店駐車場(月・金曜)、北市民プラザ駐車場(水曜)
[直売所] JA東京みどり国立地区農産物即売会
[URL]