見た目のインパクトが大!で笑顔の素敵な農家さん。

土方忠夫ひじかたただお
土方忠夫

カラフルな野菜を育てています

鍵屋さん、酒屋さんなどを経験した後、実家の農業を継いだ忠夫さんは、青柳で3代目の農家さん。お父さんの篤治(とくじ)さんと共に、国立の畑と山梨の畑で様々な野菜を育てています。こだわりは、なんといっても、馬糞堆肥による土づくりと、無農薬もしくは、減農薬で育てることだそう。


つくっている野菜は、黒にんじんや、紫カリフラワー、紫キャベツに始まり、中が紅色の紅くるり大根、三浦大根など珍しいお野菜も。新しい品種にチャレンジすることも多く、トライ&エラーの繰り返しだよと、おっしゃっていました。


そして、お母さんの照子さんは、試行錯誤をしながら仕上げるのに5年もかかったというこだわりのピールを、無農薬で育てた夏みかんや柚子をつかって手づくりしています。甘みの中に、ほろ苦い夏みかんや柚子の皮の味が効いて、おとなも楽しめる贅沢なお味です。


(文:さとうひろき/写真:ながむらゆうこ、さとうひろき)

里芋のかたまりを持っていただいてパシリ!
年末に出荷用のほうれん草が寒空の下、成長していました。
[名前] 土方忠夫(ひじかたただお)
[地区] 青柳
[主な野菜] キャベツ,じゃがいも,ふきのとう,三浦大根,その他
[販売場所] しゅんかしゅんか
[直売所] くにたち野菜 しゅんかしゅんか
[URL]