根っからの土いじり好き。

柳澤一彦やなぎさわかずひこ
柳澤一彦

夏でも冬でも、雨でも雪でも、早起きして畑に。

先代は、1日に200ケースの谷保なすを市場に出荷していたのだという柳澤家。一彦さんの得意な野菜は、ほうれん草と小松菜。

趣味は、野菜や花を育てることという一彦さんは根っからの土いじり好き。農業をする前は、サラリーマンでマーチャンダイジングをしていた経験から、お客さんがどんなものを欲しいのか考えながら、いいものをつくる努力を積み重ねています。

「除草剤は土の中の微生物を殺してしまい、いいものが出来なくなるから」と、今日も朝4時に起きて、手作業で雑草をとっています。

(文/写真:さとうひろき)

6月下旬の うだるように暑い日。大玉トマトの麗夏(れいか)の世話をしている一彦さん
トマトの土が乾かないように汗だくになりながら、マルチを敷いていました。
[名前] 柳澤一彦(やなぎさわかずひこ)
[地区] 四軒在家
[主な野菜] ズッキーニ,ほうれん草,小松菜,人参,その他
[販売場所] しゅんかしゅんか、みのーれ立川、グランソシエ北側駐車場(7,8月と10月〜)
[直売所]
[URL]