趣味は、奥さんと一緒に旅行へ行くこと

高橋和男たかはしかずお
高橋和男

長年の経験を生かした野菜作り。給食用の野菜で、国立の子供に元気を!

高橋和男さんは、スーパーに勤務されていましたが、父の跡を継ぎ、農業を始められました。話を伺いに行った10月中旬には、人参、ネギ、かぶ、なす、ラディッシュ、大根、タマネギ、ジャガイモ、ミニカリフラワー、キャベツ、のらぼう菜、里芋、白菜など、多品目に野菜育てています。

とくに下仁田ネギはビックリする位に太くなっていて、これからの鍋シーズンを待っているかのようでした。 和男さんが出荷する先は「しゅんかしゅんか」と「とれたの」「たましん国立支店駐車場」で、市内小中学校の給食センターにも納めています。

趣味は旅行で、すでに30 回以上東南アジアに奥様と出かけているそう。近場しか行けないのは、野菜作りのため長期間の留守ができないから。スーパー勤務時代には魚の担当だったそうで、料理はお手のものとのこと。和男さんは、農業に精を出し、また旅行と家庭生活を楽しむ素敵な農家さんです。

(文:古川 浩一/写真:さとうひろき)

下仁田ねぎが元気に育っていました。
白菜。葉っぱが撒いたら出荷します。
[名前] 高橋和男(たかはしかずお)
[地区] 中平
[主な野菜] チンゲンサイ,ラディッシュ,空芯菜,水菜
[販売場所] しゅんかしゅんか、とれたの、たましん国立支店駐車場
[直売所]
[URL]