6 月
20
2017

「くにたち朝顔市」!

ことしも「くにたち朝顔市」が開催されます。

7月1日(土)・2日(日)早朝6時〜午後5時、売り切れ次第終了です。

大輪の花が咲く1鉢1,500円。ゆかたでのご来場者は1,400円に!

「くにたち朝顔市」は、春の「さくらフェスティバル」、秋の「天下市・市民祭」がある中、夏のイベントがぽっかり空いていて寂しい… 大学通りを活かしたイベントは出来ないか? との思いから有志が集まり、平成元年に始まったものです。

当初は、有名な入谷朝顔まつりでも仕入れている江戸川区の栽培者から朝顔を仕入れていましたが、「くにたち朝顔市」第1回目から参画していた農業者・佐伯和彦さんと近くの農家3軒が翌年「朝顔・鉢物研究会」を結成。江戸川区内の農園へ研修に行き、試行錯誤の中で朝顔栽培に乗り出しました。その成果で、第2回では約半数が、第3回では販売されるすべての朝顔がくにたち産となったのです!

朝顔栽培農業者共同で「朝顔の里」を作り、現在は和彦氏の後継者である佐伯雅宏氏が代表となって、くにたち産朝顔を提供し続けています。

朝顔の里で栽培されている品種は「日本朝顔」で、大輪の花が最大の特徴です。午後にはしぼむ花芽を摘むことで秋口までの長い期間鑑賞することができるそうです。

「くにたち朝顔市」には朝採れのくにたち野菜即売など、お店がたくさん出る予定です。

くにニャンも来ますよ!

皆様お誘い合わせの上おこしください。

コメントは受け付けていません。