4 月
21
2018

「春夏野菜づくり体験」、にぎやかに始まっています。

今年度も「春夏野菜づくり体験」が始まりました。
ジャガイモ、トウモロコシ、枝豆、ブロッコリー、ズッキーニ…… 種や苗から植えて育て、7月まで世話をして行きます。

気温が低かったり、強い風の吹く日も多い4月。
しっかり保温して、せっかく生えた小さな芽を守るためにプロの農家さんと同じように道具を使います。農家の田中賢治さんが基本からわかりやすく教えてくださるので、保温や虫よけに役立つ「マルチ」や「トンネル」を設置するのが初めてという参加者の皆さんも、どんどん作業を進めます。上の写真は、トンネルが風ではがされないよう土を寄せているところ。子どもも大人も仕事は一緒です。

第1回目で種を植えた小松菜が、第2回目では収穫出来ました。
育てながら、こうして収穫も出来るとやりがいが感じられますよね。自分たちで育てた野菜が、育ちしだい食べられる! 農業体験で一番のお楽しみなのです。

コメントは受け付けていません。