10 月
26
2018

「さとやま秋のお楽しみ会」ご家族みんなでおこしください!

10月28日(日)10時~正午
「さとやま秋のお楽しみ会」を開催します。

10:00~10:40 「ちょこグループ」着ぐるみショー うさぎのトマトちゃん「みんな仲良くおともだち」
10:45~11:05 ブルースギター独奏「ロンサムカウボーイ」
11:10~11:40 くにたち野菜にかかわるミニ栄養講話
11:40~12:00 旬の野菜が当たるコーナー

入場無料! お申込み不要です!

ご家族みんなでおこしください。お待ちしております!

※着ぐるみショーは、小雨の場合城山さとのいえ内で実施。荒天なら中止になります。

 

10 月
24
2018

「第41回 国立市農業まつり」と、応援企画開催!

11月10日(土)・11日(日)に「第41回 国立市農業まつり」が開催されます。

市内の農家さんが丹精込めて作った新鮮野菜の直売はもちろん、おいしいお店や楽しい企画がいっぱいですよ。名物「野菜の宝船」の登場も楽しみですね!

このイベントを応援する企画「いっぱい食べて、みんなで応援! くにたち、農のある風景」写真展が11月7日まで国立市役所1階ロビーで開催中です。
城山さとのいえでの収穫体験のもようを中心とした写真展、ぜひご覧ください。

「第41回 国立市農業まつり
with 国立市消費生活展・国立HISTORICA G.P.2018」
会場=国立市役所 市民ロビー(富士見台2-47-1)
西側広場(富士見台2-47-1)

谷保第四公園(市役所となり)
くにたち市民芸術小ホール前通路
谷保第三公園(富士見台2-34)
お問合せ=国立市役所 042-576-2111(代)
「農業まつり」は南部地域まちづくり課 農業振興係(内線345、346)へ
「消費生活展」は、まちの振興課、コミュニティ・市民連携係(内線193)へ
「国立HISTORICA G.P.2018」は国立HISTORICA G.P.実行委員会事務局(090-3137-7854)へ

↓チラシをクリックすると大きく表示されます。
第41回 国立市農業まつりチラシおもて第41回 国立市農業まつりチラシうら

10 月
10
2018

今年度の稲刈りをしました。

30年度も、さとのいえの稲刈りが無事に完了しました。
「台風が来ないうちに」と、農家さんが稲穂の実り具合をしっかり見定めて、10月7日に実施しました。
暑かった! この日だけ真夏が戻ってきたみたいでしたね!
それでも負けずに頑張りました!

こうやって稲架(はさ)にかけて干すところまで体験しました。

農家さんが脱穀、精米をひきうけてくださいます。
「こんなに頑張ったから、きっと最高においしいよ!」と太鼓判。
ほかほかごはんが楽しみです。

6 月
13
2018

お願いごと募集中。

城山さとのいえに今年も、七夕飾りのための短冊ボックスが設置されました。
集まった短冊は郷土文化館の学芸員さんたちが笹に結んでくれます。
お願いごとを書きに、さとのいえへ遊びに来てください!

短冊をつけた七夕飾りは、6月23日から7月8日までさとのいえに展示される予定です。

6 月
8
2018

農産物直売所NEWオープン! 常設!

国立市初・常設の農産物直売所が出来ました!

場所はJR南武線「谷保」駅に近い、JA東京みどり富士見台支店に隣接しています。「国立」駅からは大学通りを南へ真~ッすぐおこしください。駐車場もあります。

「JA東京みどり国立地区 農産物直売所」
国立市富士見台1-12-8
042-505-7037
営業時間 月~金 14:00~17:00(土・日・祝休)

市内の農家さんが育てた採れたての野菜がお求めいただける上に、お店番の農家さんと直接お話が出来ますよ。ぜひ、気軽にお立ち寄りください。

5 月
2
2018

キュウリの赤ちゃん!

「春夏野菜づくり体験」、参加者の皆さんと頑張っています。そんな中……
害虫がついていないかどうかチェックをしていて見つけました!

見えますか? キュウリの赤ちゃんです!
ちっちゃ~い!
“ピース!”しているみたいですね。

苗を植えて約2週間。これからどんどん大きくなり、次々と実が育って、収穫どきを間違えると巨大化してしまうのがキュウリです。でも今はまだこんなに小さくて、けなげな姿。
「大切に、おいしく育てよう」と改めて思います。

4 月
21
2018

「春夏野菜づくり体験」、にぎやかに始まっています。

今年度も「春夏野菜づくり体験」が始まりました。
ジャガイモ、トウモロコシ、枝豆、ブロッコリー、ズッキーニ…… 種や苗から植えて育て、7月まで世話をして行きます。

気温が低かったり、強い風の吹く日も多い4月。
しっかり保温して、せっかく生えた小さな芽を守るためにプロの農家さんと同じように道具を使います。農家の田中賢治さんが基本からわかりやすく教えてくださるので、保温や虫よけに役立つ「マルチ」や「トンネル」を設置するのが初めてという参加者の皆さんも、どんどん作業を進めます。上の写真は、トンネルが風ではがされないよう土を寄せているところ。子どもも大人も仕事は一緒です。

第1回目で種を植えた小松菜が、第2回目では収穫出来ました。
育てながら、こうして収穫も出来るとやりがいが感じられますよね。自分たちで育てた野菜が、育ちしだい食べられる! 農業体験で一番のお楽しみなのです。

1 月
13
2018

くにたち野菜料理講座「里芋」参加者募集中です!

皆さん“里芋料理”といえば、どんなものを連想なさいますか?
煮っころがし?  けんちん汁?

「こんな食べ方もあるのね!」と楽しんでいただけそうな「くにたち野菜料理講座」です。是非、体験してみてください。

日 時:1月28日(日) 午前10時~正午

場 所:城山さとのいえ

参加費:400円

※収穫体験はありません。

メール(sato@city.kunitachi.lg.jp)に、①里芋料理講座②氏名③年齢④住所⑤電話番号⑥「あぐりッポブログを見た」とお書きの上1月22日までにお申し込みください。

さといもの特徴は、食物繊維を含むぬめりと、豊富なカリウム、さらにはイモ類の中でも水分が多めなことから糖質がさつまいもや山芋の半分だけ!…というカラダにうれしいものです。

上の写真は、ドドンと大きなかたまりが「親芋」。そのまわりに丸っこい「子芋」「孫芋」が付きます。ボサボサした皮やかたまりを目にすると料理が面倒臭そうに見えてしまいますが、じつはコツを覚えれば調理も簡単。便利な冷凍食材も売られていますが、地元で採れた里芋が手に入ったら是非お試しください! 市外からのお申し込みも大歓迎です。

11 月
6
2017

雨ニモマケズ

「くにたち里山コンサート」と「大根収穫体験」は、雨天にも負けずにご参加くださった市民の皆さまに支えられて、楽しく開催できました!

城山さとのいえで立派に育った大根、農家さんが選んだ旬の野菜のおみやげも好評でした。

室内に作ったステージと客席は狭いけれど、サロンコンサートのようで温かな、なかなか良い感じ。

出演者の皆さま、ご協力どうもありがとうございました。アコースティックギターの弾き語り、コーラス・インフィニ⭐︎の皆さんと国立一小の子どもたちが「この星に生まれて」を合唱。最後は秋の名歌「紅葉」を会場全員で大合唱……と、すてきな時間を過ごしました。

この写真は野菜プレゼントをかけたじゃんけん大会の1コマです。特別ゲストで「くにたち童謡歌唱コンクール こども部門」最優秀賞に輝いた本島大夢さんと勝負! そうそう、コンクールの「おとな部門」で優勝した、お姉さんの可夢さんも飛び入りで歌ってくださったのです。

次の企画は12月2日(土)「体験農園講座」です。市内の「北島体験農園」を見学して、そこで育てられている野菜を収穫します。…ここだけの話、収穫できる野菜は1種類じゃないみたいですよ! ご応募お待ちしております!

お申し込みはメールで、①体験農園講座②参加者全員の氏名と年齢③代表者の住所④代表者の電話番号をお書きください。小学生未満のお子さんは必ず保護者同伴でお願い致します。

8 月
21
2017

夏野菜の収穫体験レポートと、つぎの予定

「城山さとのいえ」では夏野菜の収穫体験が続々と行われました。
まとめてご報告致します。

6月は沼崎信夫さんの畑で「新玉ねぎ&にんにく」と、竹内金作さんの畑の「じゃがいも」。
新たま、新じゃがと呼ばれてこの時期に採れるものはやわらかく、みずみずしくて、採れたてだからなおさらおいしいのです。翌日「採ったその日のうちに食べちゃった!」という嬉しいお電話をいただきました。

7月は田中賢治さんの「とうもろこし」と、三田 廣さんの「トマト&きゅうり」「すいか&枝豆」!市報くにたち6/20号の1面が城山さとのいえ特集だったおかげか、募集人数の約10倍ものご応募をいただきました。そこで実施日と当選者を追加! 農家さんが教える採り方・食べ方のアドバイスも好評で、皆さんに喜んでいただけてホッとしました。

8月は収穫体験お休み。9月の第1弾は三田栄作さんの「なす」です。葉の茂った広い畑での収穫が昨年も大変人気でした。詳しくは市報8/20号をご覧ください。