12 月
19
2013

(梅の会)梅の木の剪定

今年の6月、谷保の青梅もぎを楽しんだ方も多いはず。

その梅の木の剪定の時期がきました。

12月15日(日)には梅の会の方々が、農家の畑を回って剪定。

そういった協力がないと、農家の方も梅の木の維持は難しいですよね。

今年伸びた枝を落とす梅の会の村上さん↓

今年伸びた枝には実がつかないので、根っこから切り落とすのだそうです。

梅の会の村上さん

80歳になる佐伯有行さん↓、梅の木は強く、しなるので

登ってもボキッとはいかないそうです。

私も少しお手伝い。(邪魔してしまった気もしますが・・)

この枝落としていいよ、と言われたのですが・・・

のこぎりの使い方を教えてもらいながら、やっと切れました!

この枝を落として、奥の下の太い枝に日を当てたかったと村上さん。

難しいですね~というと、梅は強いからちょっとくらい

間違って切っても大丈夫だよ、という答えが帰って来ました。

今年は他にイベントがありお手伝いが出来ませんでしたが、

来年は希望者を募って、梅の剪定を手伝おうかなあ~

賛成!という方、是非Facebookにコメントをくださ~い。

 

(むらかみ)

コメントは受け付けていません。