12 月
10
2014

ロマネスコを使ってポトフを作ってみました。

今夜のご飯は、野菜たっぷりのポトフ!
じゃがいも(きたあかり)、にんじん、ロマネスコはくにたち産。
そのほか、家にあった大根と玉ねぎ、それからソーセージも入れてグツグツ煮込むだけでできあがりです。
(コンソメを少し入れましたが、塩コショウだけで、だしもコクも十分だったかも?)

今回初めて食べたロマネスコ。
ポトフに入れるカリフラワーを探していたところ、カリフラワーはなかったのですが、「カリフラワーとブロッコリーの間」と、店員さんがロマネスコを薦めてくれたのです。
見た目は、こんな野菜です。

ヨーロッパ生まれの野菜で、カリフラワーの仲間だそうですね。
カットの仕方を迷いましたが、それもカリフラワーやブロッコリーと一緒で小房に分ければOKです。
煮崩れず水っぽくならないところが煮込み料理にも向いてると思いましたが、ツリーみたいなので、クリスマス料理の付け合わせにも良さそうです。

(おおつかさき)

11 月
25
2014

(募集)谷保の柿もぎ2014!

谷保の杉田和男さんの農場では今年も柿が豊作。

かなり収穫しましたが、まだ残っているということで

今週末、一般の方にも柿もぎをさせて

いただけることになりました。

柿は次郎柿(甘柿)です。

<日時>平成26年 11月29日(土) 11時~15時

<場所>谷保6159  杉田和男氏宅

 

<料金> 1kg 200円 (釣銭のいらないようご用意ください)

<注意事項>

  • 事前申込は不要です。
  • 雨天決行です。
  • 収穫した柿を入れる袋はご持参ください。
  • はさみ等はお貸しします。ただし高いところは脚立に登って
    取ることになりますので、それが大丈夫な方にお勧めします。
  • 駐車場はありません。
  • 養蜂箱があります。 蜂(ミツバチ)にアレルギーのある方はお控えください。

(むらかみくみ)

11 月
14
2014

「国立市農業まつり」が開催されました(2日目)

 

※1日目の様子はこちら※

 

<9日(日)>

2日目も楽しい催しが盛りだくさん!

会場の一角では、 来場された方に葉ボタンやパンジーが無料で配られています。
今ごろ皆さんのおうちの花壇に彩りを加えていることでしょう。

 

さらに、お昼からは農業委員会によるもちつき。
もちろんくにたちの田んぼでとれたもち米です。

子ども達もうすの前に行列をつくり、一生懸命もちつきを体験します。

 

JA東京みどりのキャラクター「みーどりん」も、子ども達にまじっておもちつき。

 

ついたおもちは農業委員の奥様たちが辛味もちときなこもちにしてくださり、来場者にふるまわれました。
子ども達も自分がついたおもちをおいしそうにほおばっていました。

 

また、今年初めて行った新たなイベントとして、一橋大学の学生さん達の協力で、「大根ひっこぬき体験」を開催!
市役所近くの畑で、農家の北島薫さん・晋平さん(下谷保地区)親子が育ててくださった赤と白の大根を、自分の手で土から引き抜きます。
みなさんおしゃべりしながらですが、地上に出ている部分をヒントに大物を掘り当てようとする表情は真剣そのものです。

今回の「大根ひっこぬき体験」、ただひっこぬいて終わりではありません。
1番長い大根と、1番形がおもしろい大根を選ぶミニ品評会を開催!
審査員は、実行委員会顧問でもある佐伯光貞さん(四軒在家地区)。
佐伯さんがプロの目で審査し、入賞した大根を発表すると、参加者は喜んだり残念がったりと、大いに盛り上がりました。

参加された方々にお話をうかがったところ、
「都会ではなかなかできない貴重な経験をさせていただいた」
「農家さんから直接無農薬であるとうかがって、安心して収穫できた」
など、くにたちでの農体験に満足されているようでした。

 

今回の農業まつりの実行委員長を務められた佐藤英明さん(坂下地区)は、
 「農家の皆さんはもちろん、一橋大学の学生さん等、多くの皆様の協力のおかげで『農業まつり』を開催することができました。
また新たな企画を試みるなどして、より多くの皆様にくにたちの農を楽しんでいただけるようなイベントとしていきたいと思います。」
と、早速来年に向けての抱負を語ってくださいました。

新しい試みも取り入れながら行われた今年の「国立市農業まつり」。
くにたちの農を様々な角度から満喫できる2日間となりました。
農業者の皆様、本当にお疲れ様でした!

(齋藤)

11 月
14
2014

「国立市農業まつり」が開催されました(1日目)

ご覧ください、この絢爛な宝船!
目にも鮮やかなとりどりの農産物でつくられたこの船は、11月8日(土)、9日(日)に国立市役所で開催された「国立市農業まつり(第37回国立市農業展)」で展示され、来場者を楽しませていました。
では、「農業まつり」当日の様子をご紹介します。

 

 <8日(土)>

農業まつりの朝は早い。
農家さんたちは朝の7時前から会場に来て、農産物の品評会の準備を始めます。
それぞれの農家さんが、自分の技術の粋を集めて育てた野菜や果物を、丁寧に陳列していきます。

 

品評会には農産物、果樹、荷造り(市場に出荷するときの箱詰めされた荷姿を評価するもの)の3つの部門があります。
農産物と果樹の部門は東京都中央農業改良普及センターの方が、荷造りの部門は東京多摩青果株式会社の方が、それぞれ厳正に審査を行いました。

 

 

全122点から最優秀賞である「東京都知事賞」に選ばれたのは、杉田幹男さん(中平地区)のブロッコリーでした!
ご本人はもちろん、お父さんの幸男さんも嬉しそう。

実は杉田さん親子には、今年の春にも「春のブロッコリー」について色々とお話をうかがっていました。そちらもぜひご覧ください。
最優秀賞のヒミツがかくれているかもしれません。

そうだ!谷保に行こう Vol.19 魅力いっぱい!春のブロッコリー

 

そうこうしているうちに、駐車場では農協の青壮年部による野菜・果物の直売が始まりました。
農業まつりの直売は、くにたちの旬の農産物が最大のバリエーションで販売される貴重な場です。


豊富な品ぞろえにお客さんも満足そう。
めずらしい野菜も多く、オススメの調理法を農家さんに質問するなど、農家さんとの会話を楽しむ姿が多く見られました。

 2日目は、またちがった趣向の楽しいイベントがめじろ押しです。
その様子は次の投稿で♪

※2日目の様子はこちら※

 (齋藤)

10 月
15
2014

キクイモの花咲く頃

11月頃から直売所に並び始める「キクイモ」、きっと血糖値が気になる方はお待ちかねな野菜ではないでしょうか。いや、あの独特な食感に心奪われた方もいると、私は確信しております(少なくとも、私はそのひとりであります)。ちなみに、このキクイモについては、以前くにたちあぐりッポでも特集記事として掲載させて頂きました。

まだ読んでない方は、ぜひご一読を。

そうだ!谷保に行こう Vol.16 くにたちでも作ってます!健康注目野菜キクイモ

し・か・し!!

取材させて頂いた時期が、丁度キクイモの収穫時期だったこともあってか、残念ながらキクイモの花をこの目で見ることが出来ず。来シーズンは絶対にキクイモの花を記録として残したい、そんな思いを抱きながら時は流れ・・・

ふと気づけば、空に向かってのびのびと仰ぐ、キクイモの花の姿がそこにあるではありませんか。

そう、以前記事にも掲載しましたが、キクイモは1~2m程度に生長し、その先に花を咲かせます。ということは、花を見るというよりも、花を見上げるといったほうが正しいのかもしれません。

今回、写真を撮らせていただいたのは、キクイモを愛する農家さんで有名な関正武さんの畑。
関さんも「今年は、いつもよりもよく咲いてくれたよ」と嬉しそうでした。

ただ、これだけ背高があるキクイモゆえ、風には弱いのが難点です。それでも台風18号にはしっかり耐え、先日の台風19号通過時には少々倒れましたが、花のピークも過ぎておりました。

今年もまた、あの独特なフワッシャキ感な歯ごたえを楽しみに、直売所にキクイモが並ぶのを待ってます!

(のんべなのになぜか健康志向 ながむらゆうこ)

9 月
10
2014

「くにたちはたけんぼ」が月刊誌ソトコトに掲載されました!

ロハス(LOHAS、健康で持続可能な生活スタイル)をテーマとした月刊誌「ソトコト」(木楽舎)10月号(9月5日(金)発売)に、「くにたちはたけんぼ」の記事が掲載されました!

8月3日(日)に開催された「夏休み宿題大作戦」イベントの様子に始まり、くにたちの農業・農地の現状、「はたけんぼ」が目指すものを6ページにわたって丁寧に取り上げていただきました。ぜひ、ごらんください!

○ソトコト10月号はこちら(外部リンク)
(齋藤)
8 月
20
2014

日々のあれこれ

ただいま、乾燥中!

遠藤好一(よしいち)さんのお宅に訪ねると、乾燥まっただ中のとうがらしに出逢えました。
なんでもこのとうがらしは、普通のとうがらしよりも辛味が強く、辛いもの好きのひとからも絶賛だそう。

乾燥がもうそろそろ終わり、毎週土曜日にたましん前で開催している野菜の即売会にて販売開始されるとのこと。

辛味のもとのカプサイシンは、消化促進、食欲増進、エネルギー代謝を促進する効果があるので、夏バテで食欲がないときなどに使いたいですね。

さて、話はお盆の最中に戻りまして、
来月の特集記事を書くため、取材をして参りました。

たわわに実る秋の味覚!

何について取材をしたか、は、まだ内緒。
写真をみたらわかりますかねぇ。

そう、ちょうどその日の農業新聞に、
梨園ボランティアさんのことが掲載されていることを
遠藤利光(としみつ)さんに教えていただいたので、
ここにもupしてみます。

お時間できたときにご覧になってみてください★

(さとうひろき)

7 月
29
2014

【期間限定】旭通りのくにたち野菜直売所

7月、8月の期間限定で、毎週木曜日、「青空市」が設けられています。
場所は旭通り沿い、NTT国立ビルの前です。

「国立市特産物即売運営協議会」のメンバーが、暑い時期にくにたち産の新鮮な野菜を提供しようと開いているもので、ナスやピーマン、トマトなど、くにたち産の夏野菜の数々が並んでいます。

夏バテ予防に、その日に収穫されたばかりの新鮮野菜をどうぞ!

[営業]7月、8月の毎週木曜日 / 午後4時~売り切れ次第終了
[住所]国立市東1-14-7(旭通り沿い、NTT国立ビル前)

※「国立市特産物即売運営協議会」は、毎週水曜日に北市民プラザでも青空市を行っています。ぜひこちらもご利用ください。
<直売所リスト15番>
http://kunitachi-agri.jp/shop/

(古川)

7 月
8
2014

採れたてトウモロコシ販売中!

さくら通り沿いの直売所「矢川園」さんで始まっているトウモロコシ販売。
佐伯英夫さんが畑で採ってきたばかりのトウモロコシは、並べるそばからどんどん売れていきます。

今年は7月半ばまで販売予定でしたが、今朝お話を伺ったところ
「台風が来るまでには採ってしまいたい」とのこと。
今後は台風の様子を見ながらの販売になりそうです。

みなさん。採れたてトウモロコシを確実に手に入れるために、
台風前に直売所へいそぎましょう。
何より、台風の被害が出ないことを祈るばかりです。

【直売所情報】「矢川園」

・トウモロコシ 1本150円/ひと山(4~6本)500円
・枝豆 ひと袋300円
・その他季節の野菜

[営業]午前7時頃~午後2時頃
[住所]国立市富士見台3-14-5付近(さくら通り沿い)
※直売所リスト7番
http://kunitachi-agri.jp/shop/

(つじゆう)

7 月
4
2014

2014年も製作しました!くにたちガーリックブレイド

みなさま、覚えていらっしゃるでしょうか、ガーリックブレイドのことを。

そう、昨年(2013年)にたちあがった くにたち産ニンニクで作る「ガーリックブレイド」プロジェクト。
えっ、なにそれ?知らないよ、という方は、まずは以下の記事をご覧くださいね。

→ ガーリックブレイド(1)収穫~乾燥作業
→ ガーリックブレイド(2)三つ編み作業
→ ガーリックブレイド(3)三つ編み作業完結編

つまり、茎付きのニンニクを三つ編み状にすることで、長期保存が可能。
且つ小洒落たキッチンインテリアにもなるガーリックブレイド。

今年も、遠藤恵美子さん宅にて三つ編み作業を行いました。

奇しくもこの日は城山さとのいえの安全祈願祭の日。
取材を終えてから、いそいで遠藤さん宅へ駆けつけましたら、既に美しきガーリックブレイドたちが幾つも生産されているではありませんか。

昨年はニンニクの茎がなかなか乾燥せずに、やきもきした記憶があったのですが、なんと今年は逆に茎がパリッパリに乾燥して、逆に編み込みに苦労させられる羽目に。天候を相手にする難しさを改めて実感します。

三つ編み作業の指南役は昨年に引き続き、中道カフェのオーナーでもある”あい”さん

いつみても、その手さばきの美しさに惚れ惚れ。

あぐりッポライター仲間のまどかさんも、完成度の高い美麗な、それでいておっかさん!を感じさせるガーリックブレイドを生み出していきます。

というわけで、限られた時間内ではありましたが、不器用な私もお手伝い。

ちなみに、昨年度のガーリックブレイドは、ひとつの束に少なくともニンニクが6個、多いもので12個といったボリューム満点揃いだったゆえ、いざ販売となるとどうしても高価になってしまううえに、ちょっと使い切れないわ、という声もありました。

そんな点もふまえ、今年は3~5個の小ぶりサイズも多数製作。

いかがでしょう、キッチンにさりげなく置いてみたくなりませんか。

まずは遠藤利光さん恵美子さんの直売所(国立第一小学校裏、 ピクニックコーンでおなじみの中屋農園さん横の大きな門構えが目印)にて販売予定です。
お野菜を買いに行きがてら、チェックしてみてくださいね。

その後の販売については決まり次第、ブログまたはあぐりッポfacebookにてお知らせいたします。

余談ではありますが、この日製作したガーリックブレイドを早速購入してみました。
もし、自宅でハーブなどを育てているのでしたら、ガーリックブレイドにそっと添えてみると可愛さアップです。

ぜひおためしあれ。

(ニンニク大好き ながむらゆうこ)