3 月
20
2014

くにたちマルシェin城山公園レポート(2)~農と自然に触れる編~

2014年3月8日開催のくにたちマルシェin城山公園では、くにたちの味を堪能できるとともに、農や自然と直接ふれあういくつものワークショップが開催されました。イベントレポートその2では、それらワークショップとともに会場を盛り上げた様々な企画を紹介していきましょう。

■子どもたちを魅了した竹の巨大アスレチック

くにたちマルシェの会場で一際目をひいたのが、竹の巨大アスレチック。そう、平成26年度建設予定である「城山さとのいえ」を模した竹のアトラクションが1日限定で設置されたのです。これには、子どもたちの心をがっちりとわしづかみしたこと間違いなし。いっそ、常設してくれればいいのに、という言葉も聞かれましたよ。

竹のアスレチックで遊ぶ子どもたちをみながら、城山さとのいえがこのようにみんなの笑顔が集まる拠点になってほしい、自然や農、里山を愛する心を持ち続けて欲しい、そんなことを感じずにはいられませんでした。

■畑に設置しよう~竹っことうろう~

月1回のペースで開催されている、くにたちの育児支援サークル「森のようちえん 谷保のそらっこ」では、竹っことうろう製作ワークショップが開催されました。竹を使って思い思いのデザインでとうろうを作り、「くにたち野菜」の看板とともに市内の畑に設置されるというものです。

自分が作ったオジリナリティ溢れるくにたち野菜の竹っことうろう、実際に畑へ設置されたら是非とも見に行ってみましょう。

■ワラで縄をない、縄跳びをしよう

くにたちの暮らしを記録する会主催によるワークショップは、数本のわらを組み合わせて縄をつくり、縄跳びをしましょう!というワークショップです。自分で編んだ縄で縄跳びをする瞬間、それはもう喜びのひととき。

ビニル素材のものとは勝手が異なるようですが、上手に跳んでいましたね。

■ツリークライミング体験

冒険遊び場の会主催によるツリークライミング体験、ひっきりなしに子どもたちがチャレンジしていましたよ。適切な表現が浮かんでこないのですが、純粋に「みんな、ひたすら格好良いな」と綱を握る子どもたちの腕に惚れ惚れ。くにたちに集まる子どもたちって、こんなにたくましいんだとひたすら脱帽です。

それも、日頃からこのようなイベントを開催してくれている方々の支えあってのことでしょう。

■じゃがいも畑に行こう!

イベントにあわせ、城山公園からほど近い畑でじゃがいも植え付け体験が実施されました。約10m程の畝でだいたい20~30kgほどのじゃがいもが収穫可能だとか。

ぽかぽか日ざしの下で、たねいもをひとつひとつ土に置いて土をかぶせる一連の作業に対し、みなさん真剣に取り組んでいました。時々、生長具合を観察しに来てくださいね。

■農ウォーク

当方、残念ながらこの農ウォークには同行できなかったのですが、講師の方々に話を伺いながら、谷保に広がる農な風景を散策されたようです。特に、城山から谷保天満宮へと続く用水沿いの道は、田んぼや畑、果実園が広がる緑豊かな場所でもありますね。途中立ち寄られた、くにたちの梨でお馴染みの佐藤園さんでも貴重な梨の話が聞けたことと思います。

田植えシーズンには耕耘機やカモたちが道路を横断したり、軽トラックがお野菜をたっぷりのせて出荷する風景、用水で泳ぐ魚たち、谷保には守っていきたい農の風景が多々あることを、参加者のみなさま肌で実感されたウォークだったのではないでしょうか。


さて、ここからは会場を盛り上げてくれた方々を紹介します。

■頭をガブリ!荒馬座の獅子舞

開会早々、会場のメインステージで観客を魅了してくれたのは、首都圏を中心に活動している民族歌舞団「荒馬座」。

迫力に満ち満ちた獅子舞に目を奪われた方も多かったでしょうが、なんといっても獅子に頭を噛んでもらうと御利益がある、といわれたらお願いせずにはいられないですね。

「噛んで噛んで~」と会場内からのコールに応える獅子は大忙しでございました。

■里山に降り注ぐ日だまりなごとく「山根かずきバンド」

くにたちを中心に活動中のアコースティックバンド「山根かずきバンド」の演奏も、マルシェ会場を優しく温かく包み込んでくれました。彼らの歌声はまるで新芽の生長を促すような、そんな気持ちにもなりましたね。

しかも楽しいトーク満載で、ついつい取材の足をとめてしまいます。

■城山の草がお気に入り?ジャックとダンディ

月1回のペースでお馬さんの飼育や触れあい体験ができる「おうまさんクラブ」や、農イベント等ですっかりお馴染みのリトルホース「ジャックとダンディ」、この日も皆さんとのふれあいのひとときを楽しむべく、城山公園の森の一角でお待ちかね。

彼も、城山の草や森の空気感がとても気に入ったらしく、1日通してのんびりと過ごせて良かったですね。それにしても、行き交う方々が何度となく口にする「これはロバかね?」、いえいえ、彼らはちょっと小さいけれど元気いっぱいなおうまさんです。


いかがでしたでしょうか。今回のくにたちマルシェは、城山さとのいえ建設予定地での開催ということもあって、より農に親しみやすい企画揃いでしたね。さて、次回はどこで開催されるのでしょうか。その際には、是非みなさまも足を運んでみてください。

私たちくにたちあぐりッポも、くにたち野菜とそこから生み出された個性的な加工品たちをどこまでも追い続けますよ。

市の職員さんによるイベント当日のレポートが市役所のホームページでも掲載されています。
くにたちマルシェin城山公園 開催しました(更新日:平成26年3月18日)
イベント当日の模様は、くにたちあぐりッポのfacebook写真アルバムに掲載していますので、是非そちらも併せてご覧ください。(1日を通したイベントの流れは写真アルバムのほうで詳しく紹介しています。)
くにたちあぐりッポ facebook くにたちマルシェin城山公園 1日密着レポート

(ながむらゆうこ)

コメントは受け付けていません。