1 月
29
2015

【農家さんリポート!】”くにたちづくし”の給食

公立小・中学校の給食をつくる市の給食センターでは、できる限りくにたち野菜を取り入れるよう、日々努力しています。

給食センターの取り組みはこちら

1月28日(水)、市内の農家さんにご協力いただき、くにたちの農産物をふんだんに使用したメニューが提供されました。
当日の様子を、日頃から給食センターに野菜を納めている、農家の杉田保則さん直々にリポートしていただきました!

 杉田さんのほうれん草づくりの様子はこちら

---------------------------------

  国立産野菜を使った給食の試食に行ってきました。

朝、ほうれん草を納品後、11時に給食センターに集合。
小学校、中学校の給食をいただきました。

kyushoku

自分が小学生の頃の給食はあまりおいしく感じられなかったので、期待していなかったのですが、正直言ってすごいおいしかったです。
カレーライスには国立産のお米を300kg使ったそうです。
また、カレーには国立産の蜂蜜も使っており、味がまろやかになっていました。
また、里芋も入っていておいしかったです。

ほうれん草アイスも、抹茶のような味で大変おいしかったです。

栄養士さんは、限られた予算の中で、子ども達がなるべく残さないようなメニュー作りをしていると感じました。

 

 その後、私の出身校でもある国立第一小学校にうかがい、実際に子ども達が食べているところを見学させてもらいました。
うちの畑が校舎内から見えたので、その畑から今日のほうれん草がとれたことや、卒業した今も畑がとなりなので、みんなとは常につながっているんだよ、と母校愛もお話しました。

また、同行した市役所の都市農業推進担当課長は、農地の大切さや農家の苦労を子ども達に話してくれ、おかげで子ども達も残さずきれいに食べてくれました。

校長先生からは、アレルギーのお子さんへの様々な配慮(毎日のご家庭との連絡、もしものときのシミュレーションや訓練、AEDの使い方の訓練)を、栄養士さんからは、インフルエンザ時の学級閉鎖への対応をうかがうことができました。

母校を訪ね、「こんにちは」と誰にでも挨拶をする光景は昔なかったので、大変嬉しく頼もしく感じました。

杉田 保則

sugita

ほうれん草畑の杉田さん

---------------------------------

給食の野菜を育ててくれた農家さんに会えて、子ども達にとってはとても貴重な機会になったのではないでしょうか。

杉田さんは、
「この時期のほうれん草は、寒さで甘みが増し、葉肉も厚くなっているからね。
旬のほうれん草をくにたちの子ども達に食べてもらえて良かったよ。」
と、うれしそうに語ってくださいました。

(齋藤)