1 月
29
2015

【農家さんリポート!】”くにたちづくし”の給食

公立小・中学校の給食をつくる市の給食センターでは、できる限りくにたち野菜を取り入れるよう、日々努力しています。

給食センターの取り組みはこちら

1月28日(水)、市内の農家さんにご協力いただき、くにたちの農産物をふんだんに使用したメニューが提供されました。
当日の様子を、日頃から給食センターに野菜を納めている、農家の杉田保則さん直々にリポートしていただきました!

 杉田さんのほうれん草づくりの様子はこちら

---------------------------------

  国立産野菜を使った給食の試食に行ってきました。

朝、ほうれん草を納品後、11時に給食センターに集合。
小学校、中学校の給食をいただきました。

kyushoku

自分が小学生の頃の給食はあまりおいしく感じられなかったので、期待していなかったのですが、正直言ってすごいおいしかったです。
カレーライスには国立産のお米を300kg使ったそうです。
また、カレーには国立産の蜂蜜も使っており、味がまろやかになっていました。
また、里芋も入っていておいしかったです。

ほうれん草アイスも、抹茶のような味で大変おいしかったです。

栄養士さんは、限られた予算の中で、子ども達がなるべく残さないようなメニュー作りをしていると感じました。

 

 その後、私の出身校でもある国立第一小学校にうかがい、実際に子ども達が食べているところを見学させてもらいました。
うちの畑が校舎内から見えたので、その畑から今日のほうれん草がとれたことや、卒業した今も畑がとなりなので、みんなとは常につながっているんだよ、と母校愛もお話しました。

また、同行した市役所の都市農業推進担当課長は、農地の大切さや農家の苦労を子ども達に話してくれ、おかげで子ども達も残さずきれいに食べてくれました。

校長先生からは、アレルギーのお子さんへの様々な配慮(毎日のご家庭との連絡、もしものときのシミュレーションや訓練、AEDの使い方の訓練)を、栄養士さんからは、インフルエンザ時の学級閉鎖への対応をうかがうことができました。

母校を訪ね、「こんにちは」と誰にでも挨拶をする光景は昔なかったので、大変嬉しく頼もしく感じました。

杉田 保則

sugita

ほうれん草畑の杉田さん

---------------------------------

給食の野菜を育ててくれた農家さんに会えて、子ども達にとってはとても貴重な機会になったのではないでしょうか。

杉田さんは、
「この時期のほうれん草は、寒さで甘みが増し、葉肉も厚くなっているからね。
旬のほうれん草をくにたちの子ども達に食べてもらえて良かったよ。」
と、うれしそうに語ってくださいました。

(齋藤)

12 月
10
2014

ロマネスコを使ってポトフを作ってみました。

今夜のご飯は、野菜たっぷりのポトフ!
じゃがいも(きたあかり)、にんじん、ロマネスコはくにたち産。
そのほか、家にあった大根と玉ねぎ、それからソーセージも入れてグツグツ煮込むだけでできあがりです。
(コンソメを少し入れましたが、塩コショウだけで、だしもコクも十分だったかも?)

今回初めて食べたロマネスコ。
ポトフに入れるカリフラワーを探していたところ、カリフラワーはなかったのですが、「カリフラワーとブロッコリーの間」と、店員さんがロマネスコを薦めてくれたのです。
見た目は、こんな野菜です。

ヨーロッパ生まれの野菜で、カリフラワーの仲間だそうですね。
カットの仕方を迷いましたが、それもカリフラワーやブロッコリーと一緒で小房に分ければOKです。
煮崩れず水っぽくならないところが煮込み料理にも向いてると思いましたが、ツリーみたいなので、クリスマス料理の付け合わせにも良さそうです。

(おおつかさき)

8 月
20
2014

日々のあれこれ

ただいま、乾燥中!

遠藤好一(よしいち)さんのお宅に訪ねると、乾燥まっただ中のとうがらしに出逢えました。
なんでもこのとうがらしは、普通のとうがらしよりも辛味が強く、辛いもの好きのひとからも絶賛だそう。

乾燥がもうそろそろ終わり、毎週土曜日にたましん前で開催している野菜の即売会にて販売開始されるとのこと。

辛味のもとのカプサイシンは、消化促進、食欲増進、エネルギー代謝を促進する効果があるので、夏バテで食欲がないときなどに使いたいですね。

さて、話はお盆の最中に戻りまして、
来月の特集記事を書くため、取材をして参りました。

たわわに実る秋の味覚!

何について取材をしたか、は、まだ内緒。
写真をみたらわかりますかねぇ。

そう、ちょうどその日の農業新聞に、
梨園ボランティアさんのことが掲載されていることを
遠藤利光(としみつ)さんに教えていただいたので、
ここにもupしてみます。

お時間できたときにご覧になってみてください★

(さとうひろき)

7 月
1
2014

とうもろこしの即売開始[矢川農園さん]

さくら通り、二中近くにある矢川農園さん(直売MAP⑦ → http://kunitachi-agri.jp/shop/ )の前を通りかかると、こんな看板を発見しました!

「7月3日より、枝豆・とうもろこしの即売を致します」との看板が!

 

枝豆と、とうもろこしは、新鮮なのが格段においしいですよね。
あまみ、味の濃さ、格段に違うので大好きな夏の楽しみの1つ。

お電話で確認したところ、朝8時くらいからお昼くらいまでとのこと。
お近くにお住まいの方、行ってみてはいかがでしょうか。

(さとうひろき)

6 月
23
2014

中屋農園さんのピクニックコーン

今年もお待ちかね。

国立第一小学校前にある中屋農園さんにて、トウモロコシ「ピクニックコーン」のもぎ取り・販売が始まりました。

「ピクニックコーン」とは。

糖度18度と甘さはメロン以上!!採れたては生食もオッケーなんですよ。

甘さと食べやすさを追及した小ぶりで食べきりサイズのトウモロコシです。

皮をむいたら、ぎっしり詰まったみずみずしいプリップリの実が出現。

ラップをして2~3分レンジでチン。あっつあつのピクニックコーンを子供が

待ってましたと ガブリっ。

中屋農園さんでのもぎ取りは大好評につき、日によって採れ頃のトウモロコシが早々になくなってしまうこともあります。
フェイスブックにて販売、開園情報を随時配信していますので、ご参考ください。

【中屋農園】

場所
国立市谷保6039(国立第一小学校前)

開園時間
9時~16時

価格
ピクニックコーン1本150円

連絡先
042-572-3300

フェイスブック
https://www.facebook.com/nakayacorn

  (つじ ゆう)

6 月
11
2014

梅干し作りの紹介

昨年(2013年)、佐伯有行さんの農場で梅干しを作りました。

あく抜き→塩に漬けて水を出す→紫蘇入れ→干す

工程はたったこれだけなのですが、やってみると意外と手がかかりました。
昔は近くの農家と一緒に200~300キロ漬けて、売ったこともあったそうです。
10キロでこんなに大変なのに・・・。

工程をPDFにしてあります。今年は梅干しを作りたい!という方の
参考になれば幸いです。PDFファイルはこちら→ 2013梅干

そしてこちらが昨年の梅干し。
1年たったくらいの方が塩がとんがってなくて
(まろやかになっていて)おいしいですよ、と
有行農場の奥様が話してくださいました。

(むらかみ くみ)

6 月
9
2014

梅雨直前~谷保の農風景を歩く~

6月に入ると、いよいよ田植えシーズン。
くにたちでも各所でたんぼに水がはられ、田植えの準備万端。

それにしても、ここ数日の猛暑からいきなりの梅雨入り?
そんな梅雨直前に歩いた「谷保な農風景」をちょっぴり紹介します。

ここは、ハケ下にひろがる田畑。

北島義昭さんが水田の手入れを毎日のように行っています。

こちらは、ちょうど田植え直後の水田。
おひさまが降り注いでいます。

更に、城山へと向かう道を歩けば

幼稚園のジャガイモ畑が、今か今かと収穫を待っていますね。

右を見ても左をみても、春先に植え付けた様々な野菜たちが生長の時期であります。

そうして城山にたどりつけば、古民家前の小麦たちが、その名のとおり見事なる小麦色に。
風に揺れながら、サワサワっと耳に優しく語りかけてくれます。

帰り道、ちょうどニンニクの試し収穫を終えた北島薫さん親子のトラックとすれ違いました。

そう、北島薫さんのニンニクはそろそろ収穫の時期。

「ためしに食べてみてよ」

なんと今期初収穫、まさに初どれな生ニンニクを頂いちゃいました。

スーパーマーケット等では、日持ちの面を考慮し、乾燥させた後のニンニクが並んでいますが、
採れたばかりのフレッシュ生ニンニクがお店に並ぶのも、地場野菜の直売所ならではのこと。

頂いた生ニンニクは、さっそく香ばしくローストしてみました。
いやぁ、ホクホクッとしてなんとも美味なことよ。

刻んだりすったりスライスして、肉や魚の引き立て役も抜群ではあるけれど
こうして、ニンニクそのものを楽しむのも幸せなひとときであります。

と、そんな梅雨直前の谷保さんぽ。
この翌日から、関東も梅雨入りとなりました。

水田に降り注ぐ雨粒たちの音をBGMに、みなさまも谷保の散歩を楽しんでみてはいかがでしょうか。

(ながむらゆうこ)

4 月
30
2014

春、野蒜(のびる)をいただく

「お~い、今日は端っこの雑草を取って~」

「野蒜もですか~?」

「ぜんぶ~!!!」

先週の有行農場での作業日、女性は草刈り、男性はさといも

の植え付けがメインのタスクでした。

「野蒜」という言葉に、反応した私。

・・・聞いたことがあるけど、どれだかわからない。

もしかしてこれ?と思い、このネギみたいなのは何ですか?

と聞くと、

「ああそれ?野蒜よ。今や高級食材よね。さっとゆでて

酢味噌で食べるとおいしいわよ~」

それからの私は雑草取りというより、野蒜取り。

野蒜ばかり取っていると思われても困るので、時々回りの

雑草も抜いたり。

「へ~野蒜抜いてんだ。戦時中の食糧がない時は、

こんなものも食べなきゃいけなくて、いやだったよな~」

と支配人。

スミマセン、ぜいたくな時代になりました。

ということで、持って帰りました野蒜の束。

これから薄皮を取るのですが、これがちょっと大変。

根気が要る作業。 がんばりました↓

これを軽く茹でます。青い部分はゆでても少し硬いので、

ネギかチャイブのように薬味として使っても。

野蒜は野草なので、直売所に並ぶことはないかと思いますが、

散歩の途中で見かけるかも?

味はエシャロットをもっと優しくした感じ。

高血圧に効果があり、体を温め胃腸を丈夫にする作用があるそうです。

 

(むらかみくみ)

4 月
24
2014

くにたちで味わう春の山菜「うるい」

ワタクシゴトではありますが、先日信州を旅した最中、これでもか!というほどに、ふきのとうとの遭遇を果たし、否応なく春を実感させてもらった今日このごろ。

と、それは単なる前おきでありまして

私たちが住むくにたちでも、ただいま春爛漫な野菜たちが続々と直売所に並んでいます。

そんななか、ふきのとうの群生を見てきたばかりのせいか、「くにたちでも春の山菜が買えないかしら」とついつい考えてしまうのはこれまた仕方がない性分で。

そんな私の気持ちを知ってか知らずか(いや、知らないでしょう)、春の山菜のひとつである「うるい」が、くにたち市内でお目見えです。

・・・って、「うるい」?

ご存じですか?実は私、生まれて初めて「うるい」なる山菜に出会うこととなりました。いやぁ、今の世の中、インターネットといった広大な図書館があるおかげで、「うるい」がどんなものであるかはほどなく理解したのでありますが、いかんせん初対面なので調理法もわからず。

あぐりッポライター仲間のさとうさんが生産農家さんから調理法などを伺ってきたので、それをちゃっかりまた聞きしてしまいましたよ。

とその前に、「うるい」とはなんぞや。

ウィキペディアによれば、オオバギボウシの若葉を「うるい」と呼ぶそうですね。北海道から本州中部あたりまでの湿り気がある地帯で自生しているらしいけれども、なんともまぁ、凜とした美しいお姿ではありませんか。

ユニークなのは、茎の部分。筒のようにくるっと回った形状、シャキッとした歯ごたえとわずかな粘り気が、ネバ系野菜大好きな私の心をそそります。

Web上の記事によっては茹でることで粘り気が出ると掲載されているものもありましたが、ここはとにかく生で頂いてみましょうと、ガブリ。

いやいや、生のままでもほんのり粘り気とシャキッと感、しかもくせのない味わい。いや、どことなくネギッぽいほろ苦み?

でも、おすすめはサッと茹で。まさに数十秒が勝負です。

うるいを実際に育てているくにたち農家の土方忠夫さんのお母さんおすすめは、定番のおひたしも良いけれども、味噌と砂糖を混ぜてさっくり和えると、なお美味だとか。

分量までは聞けませんでしたので、私流にアレンジして作ってみました、うるいの酢味噌和え。

白味噌と酢はだいたい2対1くらいで。砂糖は味見しながらお好みで調節。だいたい酢と同分量くらいがいいかしら。

これをサッと茹でたうるいと混ぜて頂きます。

日本酒が進むこと、間違いなし。

美味いです、もっともっと食べたくなっちゃいます。

でも、生でも頂ける旬なうるい、こんなアレンジはいかがでしょう。

生のうるいの葉を皿に敷き、その上にお好きな具材をのせ(本当ならば新鮮な海鮮類を・・・と思ったのですが、この日は買い物に行かなかったので、冷蔵庫にひっそりと隠れていたスモークタンで)

その上にお好みのドレッシングと刻んだうるいの茎部分を混ぜたものをトッピングすれば

あっという間に、小洒落たオードブルの完成でございます。

ドレッシングのタイプもいくつか試してみましたが、どうやらうるいにはゴマ系のドレッシングが特に相性良いようですね。ずぼらなワタシは市販のドレッシング(胡麻と香味野菜ドレッシング)を使用してしまいましたが、時短料理ということで許してください。

まさか、くにたちでこのような珍しい春の山菜を味わえるとは思っていなかったので、テンションはうなぎのぼり。このような気持ちをみなさんと共有できたら、もっともっと嬉しいと思うワタシなのでありました。

そのかんじんの「うるい」、くにたち市内であれば、しゅんかしゅんかさんの店頭に並んでいる日があるはずです。
シャキネバ系が好きな方ならば、ぜひ一度手にとってみてくださいね。

(ながむらゆうこ)

4 月
12
2014

春のかぶの話

turnip

音節tur・nip 発音記号/tˈɚːnɪptˈəː‐/
【名詞】
1【可算名詞】 【植物, 植物学】 カブ.

2【可算名詞】 [食べ物には 【不可算名詞】] カブ

 

写真は、佐伯誠三さん。

春は、なばなも美味しく旬を感じる野菜ですが、かぶも美味しい季節ですよね。
昨日、佐伯誠三さんのお宅に伺ったとき、ちょうどかぶを束ねている最中でした。

かぶを束ねているのをみていたら、そろそろ出荷できそうなんだよねーというきゅうりの育つハウスも見させていただいちゃいました。

きゅうりのハウスを案内してくれたのは、誠三さんのお父さんの光貞さん。
「ほれっ。食べてみな」といただいたきゅうりは、みずみずしくって、ほんのりあまみがあるおいっしいものでした。

光貞さん、誠三さんの育てるかぶや きゅうりは、国立駅南口たましん前で土曜日にやっている駅前即売、とれたの、くにたち野菜しゅんかしゅんかでお買い求めいただけます。

かぶで、テンションあがっていたけど、
いよいよ、きゅうりまでもが出てくるなんて!
暑い時期ももうすぐそこですね。
(さとうひろき)