6 月
23
2015

赤紫蘇、お分けします

梅仕事の季節ですね。

梅干を漬けて、そろそろ赤紫蘇を入れようかな
と考えている方に朗報です!

谷保の遠藤良信さんが、畑までいらしてくれれば
お分けしますよ、とおっしゃってくれています。
大きなひと束で100円です。

ご希望の方は直接、遠藤良信さんにお電話を。
09043605270

6 月
11
2014

梅干し作りの紹介

昨年(2013年)、佐伯有行さんの農場で梅干しを作りました。

あく抜き→塩に漬けて水を出す→紫蘇入れ→干す

工程はたったこれだけなのですが、やってみると意外と手がかかりました。
昔は近くの農家と一緒に200~300キロ漬けて、売ったこともあったそうです。
10キロでこんなに大変なのに・・・。

工程をPDFにしてあります。今年は梅干しを作りたい!という方の
参考になれば幸いです。PDFファイルはこちら→ 2013梅干

そしてこちらが昨年の梅干し。
1年たったくらいの方が塩がとんがってなくて
(まろやかになっていて)おいしいですよ、と
有行農場の奥様が話してくださいました。

(むらかみ くみ)

6 月
10
2014

谷保の梅もぎ第二弾!のお知らせ

梅もぎ第2弾

谷保の梅もぎ第二弾のお知らせです!

遠藤良信さんの無農薬青梅。
袋に詰め放題で、500円!(1.5キロ相当)

日時: 6月13日(金)14日(土) 9時~12時

場所: 国立第三中学校の北東側(地図の☆部分)

 

矢印部分の農道から入ることができます。
田んぼの畦は歩かないでください!
駐車場はありませんのでご了承ください。

今週末はお天気も大丈夫な様子。
皆さん、青梅もぎを楽しんでくださいね!

(むらかみくみ)

5 月
27
2014

(完売)谷保の梅もぎ 終了しました!

先週末スタートした恒例の谷保の梅もぎですが
今年も人気でついに終了、と支配人より連絡がありました。

よって 来週以降のもぎとりはありません。
予定されていたみなさま、大変申し訳ないです。

来年の初夏にまた、どうぞご期待ください。

地元の直売所では、谷保農家の梅がしばらくは店頭に並ぶかもしれません。
どうぞお近くの販売所で、チェックしてくださいね!

(田中えり子)

5 月
16
2014

(決定!)谷保の梅もぎ2014

有行農場の村上支配人からGOサインが出ました!

多数のご参加をお待ちしています!

詳細は、前回の記事を御覧ください。

http://kunitachi-agri.jp/staff/2014/05/12/ume-mogi2014/

注意事項を追記させていただきます。

昨年は大豊作で取っても取りきれないほど実がなりました。

今年は裏年なのか、昨年ほど実がついていません。また

先日の風で少し落ちてしまったようです。

そのため、無くなり次第終了とさせていただきますので

ご了承ください。その場合は、このブログでご連絡させて

いただきます。

(むらかみくみ)

5 月
12
2014

(予告)谷保の青梅もぎ2014

昨年、大盛況だった谷保の青梅もぎ。

今年もそろそろその時期が近づいてきました!

楽しみに待っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

梅の状態はもう少しということで、支配人からのGoサインを待っているところ。

予定は以下の通りです。昨年と同様ですが、時間を午前中だけに

させていただきました。

確認が取れ次第、改めてこのブログでお知らせしますね。

————————————————————————

<日時(予定)>
2014年(平成26年)

5月24日(土)
5月25日(日)
5月31日(土)
6月  1日(日)

時間  9時~12時

<場所>
有行農場(国立市谷保6204-2・南養寺北)

~矢川駅からのアクセス~
南武線の踏切を渡って「万世」を左折、
万世を過ぎたあたりの右側の細い路地を南方向へ。
甲州街道に出たら(左側JA)信号を渡ってそのまままっすぐ進む。
左側に杉森医院、その前が農場です。
【入口は、駐車場とアパートの間を入った左手】

 

<料金>
1キロ 500円 (釣銭のいらないようご用意ください)

<問合わせ>
村上勝利さん(梅の会) 電話090-3877-9298

<注意事項>
・雨天決行です!
・収穫した梅を入れる袋はご持参ください。
・はさみは要りません。手で採れます。
・駐車場はありません。
・梅の木のそばに養蜂箱があります。
蜂(ミツバチ)にアレルギーのある方はお控えください。

(むらかみくみ)

12 月
19
2013

(梅の会)梅の木の剪定

今年の6月、谷保の青梅もぎを楽しんだ方も多いはず。

その梅の木の剪定の時期がきました。

12月15日(日)には梅の会の方々が、農家の畑を回って剪定。

そういった協力がないと、農家の方も梅の木の維持は難しいですよね。

今年伸びた枝を落とす梅の会の村上さん↓

今年伸びた枝には実がつかないので、根っこから切り落とすのだそうです。

梅の会の村上さん

80歳になる佐伯有行さん↓、梅の木は強く、しなるので

登ってもボキッとはいかないそうです。

私も少しお手伝い。(邪魔してしまった気もしますが・・)

この枝落としていいよ、と言われたのですが・・・

のこぎりの使い方を教えてもらいながら、やっと切れました!

この枝を落として、奥の下の太い枝に日を当てたかったと村上さん。

難しいですね~というと、梅は強いからちょっとくらい

間違って切っても大丈夫だよ、という答えが帰って来ました。

今年は他にイベントがありお手伝いが出来ませんでしたが、

来年は希望者を募って、梅の剪定を手伝おうかなあ~

賛成!という方、是非Facebookにコメントをくださ~い。

 

(むらかみ)